目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
【その3】介護ビジネスってどうよ?(介護保険編)
先日、「要支援」および「要介護1」の認定基準の
廃止が決定されたが、現時点での介護保険利用者の
大半を占めるのが何を隠そう、この「要支援」と
「要介護1」であった(汗。
(「自立」という認定もあるが、論外なのでここでは
説明を省く)

今までも「要支援」の認定を受けると、施設を利用できず、
デイサービスもショートステイも利用できなくなって、
ただ保険料を取られるのみ・・の利用者も中にはいたが、
今回、「要支援」も「要介護1」も、ただ単に保険料を
取られるのみ・・・の状態になってしまった(つまり、
現時点での介護保険の利用者の大半が・・・)

では、「要介護1」とはなんぞや?
まぁ、おおざっぱに言えば、利用者が月に17万円までの
サービスを1割負担で、施設にするか居宅にするか自由に
選べる権利を有する基準で、ほとんどが「家事援助」という
名目でヘルパーを家政婦代わりに使っているのが現状だ(汗。

国がこのような策を打ち出す背景には、制度的にはすでに
破綻している日本の介護保険制度の現状が証明されている。
国としても「要介護1」はリハビリ施設に通院すべきレベルで、
1割の自己負担という特権を行使して、介護保険でヘルパーを
メイド代わりに使ってもらわれると困るのだろう。

私は、介護保険は完全に失敗だと思っているし、国の強硬な
やり方には絶対反対なのだが、この部分だけは国の気持ちに
同感である。・・・つまり結局は、
利用者の横柄な態度が「要介護1」の廃止を招いたのだ。

特に在宅の場合は、メイドでも雇っているかのように、
「メシがまずい!」「人を変えるな!」「逝ってヨシ!」
などと怒鳴られた経験のあるヘルパーは実に多い(汗。

これが、全額自己負担でヘルパーを利用しているのなら
誰も文句は言わないだろう。1割でっせ!いちわり(汗。
保険料を徴収されるばかりで、利用していない国民の
気持ちも、少しは考えてもらいたいものだ(怒。
(1割負担といえば、老人医療保険にも不満があるのだが、
それはまた後日ということで・・・)

が、しかし、問題はその事ではない!
今回の決定で、またまた失業者が増えてしまうのだ(汗。

今回の廃止で、国がヘルパーの事を「目くそ鼻くそ」
程度にしか考えていなかった事が露骨になり、
ヘルパーの仕事は、極端に激減することが予想される(汗。
雨後の竹の子のように出現した、巷の「ヘルパーステーション」
も次々と潰れていくだろう(汗。
「ヘルパー資格取得に要した10万円を返せ~!」
などと、叫ぶ人も出てくるかもしれない。

ボロ儲けをしたのは、ヘルパー2級取得ビジネスで
おいしい思いをしたニチイ学館ばかりなり(ただし、
ここは取得費用8万だけどね・・・)。

・・・どうも、介護ビジネスの先行きについては、
知れば知るほど気が滅入ってしまうのだが、
ここで、その問題の核となっている「介護保険」に
ついて考えてみたいと思う(汗。

そもそも国が何故、強行的に介護保険を導入したか?
もちろん、「高齢化社会への対応」なんて建前であって、
本音は、増税をやらずに手っ取り早く国庫を増やす財源が
欲しかったからだ(汗。
つまり、巧妙な手口の第三の税金・・てなわけだ(汗。

厚生省自身も、最初から給付制限について認めている。
「公的介護保険は、給付内容、給付水準は基礎的な
ものとし、これを上回るものは自助努力・民間保険で
補う必要がある」
ここで言う自助努力とは、自費で受けるサービスを
意味する。

話が少しややこしくなるが、要介護5の認定を受けた
貧困層と、要介護1の認定を受けた富裕層は、介護保険を
使いたくても使えないのだ!
(前者は1割の負担さえ重荷であり、後者はサービスの廃止
といった理由で)

そういった要介護認定を巧みに操作し、なるべく自費で
サービスを受けさせるように仕向けているのが
悪名高き介護保険審査会である(汗。

つまり、すべては「介護保険審査会」が「要介護認定」で
「給付制限」を完全にコントロールしているため、
「金を払っているのに給付を受けられない」事態に
追い込まれても、利用者は文句を言えないのだ(汗。
しかも、「自助努力・民間保険でどうぞ」といった
逃げ口上までしっかり用意されているのは全く驚きだ!
つまり、公的介護保険は老人福祉のためにあるのではなく、
「介護保険審査会」の役人の自己満足のためにあるのだ。

保険料の徴収にも手抜かりはない(汗。
64歳までの年間徴収料は、
住民税×0.17+7,200円・・つまり、所得の無い人
(失業保険給付の終わった失業者・ホームレスなど)からも
計算式の後半の7,200円は、しっかり徴収されるのだ(驚。
・・・と、言いつつ、無い袖は振れまへ~ん(汗。

どうだろう?まだまだ公的介護保険制度の矛盾点は
いっぱいあるのだが、気分が落ち込むのでやめておく(汗。
また、同じように破綻している、医療の保険制度について
書くかも知れないが、これまた同じ穴のムジナで、
絶望感を促すだけの制度なのだ(汗。

なかには「介護保険制度なんて、俺には関係ないよ」と
思っている人もいるかも知れない。
しかし、これは「健康保険」や「年金」、その他日本の
保障制度にも、全く同じ事が言えるのだ(汗。

それら全ては制度的に欠陥であり、破綻していくしか
他に術はない。
そして、運命の×ディーがやってきて、必然のペイオフ。
国の失策の尻ぬぐいは、いつも国民だと決まっている(汗。



[PR]
by yaruzou625 | 2004-09-13 22:25 | 生きるヒントか?
<< 【その4】オブジェクト指向って... 【その3】介護ビジネスってどう... >>