目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【その26】ぼったくり資本主義ってどうよ?
今回の、フジVSライブドアなのだが・・・・。
もし、ここでライブドアが負けたとしても、
旧産業体制に風穴を開けた、ホリエさんの
功績はデカいでしょうな。

いよいよ我が国にも、アメリカ的(アメリカ型ではない)
金銭至上資本主義の到来するのは間違いないだろう。

ここまで読んで下さった方は、もう充分ご理解
いただけた事と思うが、「アメリカ型資本主義」の
根底に流れるものは「ボッタクリ型銭儲け主義」に
しかすぎない。
そして、そのシステムは極論すれば「巨大企業」と
「巨大投資家」の繁栄と引き替えに、それ以外の庶民は衰退し、
しだいに荒廃していく運命にある仕掛けであることは
これまでにも何度も言ってきた。

また、日本ではさらに「巨大企業」と「巨大投資家」に加えて
「官僚」も超繁栄組の仲間に含まれることも。

しかも、この国の「官僚」は、「揺りかごから墓場まで」と
言われている「福祉理念」のお手本にもなれるほどに
完璧なまでの高待遇なのだ。
まず、リストラ解雇など絶対あり得ない世界であるし、
「天下り制度」など文字通り生涯を終えるまでの生活の安定が
確実に保証されている。
さらに駐車料金の割引など、それこそ神経細かく
生活の隅々にいたるまで至れり尽くせりの生活保障なのだ。
これほどまでに完璧に実現された福祉制度は、
まさに世界の範たるものである。

民主主義の理念が「自由と平等」であるとするなら、
この国では自由はそこそこあるものの、けっして平等ではない。

(※ここでチィーとばかし余談になるが、よく、他の掲示板などを
見ると、「政治が悪いのは、そういった人物を選んだ
我々、国民が悪い。」
・・・などど馬鹿○出しの事をほざいているアホがいるが、
あんたの見識、間違ってるぞ!!!
今更、わかりきった事を言うのも面倒くさいが、
政治家を選任しているのは国民ではなく、国会議員ダロがよ!
俺は、国の指導者など選んでないぞ!ばかたれ!!!
「国の指導者は、国民ではなく、議員によって選任されている」
・・んなこと、すぐにわかりそうなもんだけど、
これがわからない馬鹿もいるんだねぇ~(呆
・・・って、日本は民主主義国家じゃねえぞ!バカタレ!)

一般庶民は、生涯にわたって生活の安定など望むべくもなく、
常にリストラ・倒産の危機に晒され、さらに企業間の間では
35歳を過ぎた従業員はすべて廃人として扱われる。
これが、世に悪名高き「35歳以上廃人説」で、人間、
35歳を過ぎてしまうと、働く意志はあっても働く能力がない
「廃人」だと見なされてしまうのだ(汗

35歳を過ぎてしまうと悲惨なもので、企業内に残っている
35歳以上は、やみくもに強制解雇されるほか、次の就職先
を求めようにも「年齢差別による入社拒否」に遭遇し、
社会復帰はきわめて困難なものとなっている。
アポ~~~~~~~~~~~~~ン!!!

あてにしていた「年金制度」も、公務員以外はどうなるか
わからないし、それこそ福祉理念とは、まったく対極にある
虫けら同然の扱いなのだ(汗。

また、さらにこの「ボッタクリ型銭儲け主義」は、さまざまな
怪しげな組織や企業が、人々の足元を見て増殖し続ける
元凶ともなっている(汗。

が、しかし、このような腐った国においても、そこそこ
法の下の自由だけはかろうじて残っている。
↑私はここに懸けたいのだ。

例えば、今の医療システムが既に時代に適合できなくなり、
医療ミスが多発したり、医者がボッタクリ儲け主義
(入院患者のベット回転率を上げたり、保険点数稼ぎで
不要な薬をドッサリ出してみたり)を偏重せざるを得ない
とすれば、私は、代替医療にかけてみたい。・・・つまり、
この世に患者がいなくならない限り、医療が無くなっては
困るからだ。

また、医療費の個人負担額が上がり続ける傾向にある
昨今においては、低所得者層が良質な治療を
受けられないことは、絶対にあってはならない。
さらに「治せる医者」が必要なことは言うまでもない。

ご周知の通り、健康保険制度の改悪により、
従来であったならば、保険適応外の先端医療さえも
保険が使えたものを、今となっては保険適応治療でしか
保険が使えなくされてしまった。
つまり、満足のいく治療を受けようとするならば
自費で受けなければならず、事実上の医療費の高騰
というかたちになったわけだ。

・・・てな事でして、我々庶民は、少しくらい体調不良
であったとしても、医者には行かず、ジッと我慢する
風潮ができてしまったのだ(汗。
アポ~~~~~~~~~~~~~ン!!!

介護保険にしたって、しかりで、
かつて私は、介護保険は「体のいい増税だ」なんて
書いた事もあったが、まさにそうで、現行介護保険制度の
なかには「福祉」や「介護」の精神が入ってないのだ(汗

今後、世界一の高齢化社会に突入するであろうと
予測されていた日本で、鳴り物入りで登場した
「介護保険」だったのだが、いざ蓋を開けてみれば、
欠陥だらけで思いっきり糞だった(汗。

その誕生経緯からして、実に怪しかったのである(汗。

1996年末、介護保険の陣頭指揮をとっていた厚生省の
「大物」次官、岡光序治被告(当時57)が、特別養護
老人ホームを運営する業者から賄賂を受け取ったとして
収賄容疑で逮捕された事は記憶に新しい(汗。
結局、シロアリどもは、本気で介護地獄解消のことを
考えておらず、福祉でさえ私腹を肥やす食い物にしていた。

・・・以来、介護保険は、官僚や政治家の自己満足を
満たす意味合いでしかなくなってしまったのだ。
・・・ったく、
この国の役人供は、全部まとめてペットボトルの刑だね。
アポ~~~~~~~~~~~~~ン!!!

また、社会保険から離脱する会社が増えている(汗。
掛で取引している中小企業は、わずか2~3ヶ月
入金がとんでしまったら、もう完全にアウト・・・
といった綱渡りのところが多いことからも、
社会保険の会社負担分を支払っていては危険だ・・・
との認識が生まれてきても不思議ではない。

それで苦肉の策として、「なるべく社内に正社員は
置かないようにしよう」という考え方が生まれてきた。
ほとんどの中小企業の場合、今の時代、正社員を社内に
抱えていてはあまりにもコストがかかりすぎるのだ。

このことは私が失業中に、数多くの企業に面接に
行ってみて肌身で感じたことだ。
「派遣社員としてやってほしい」とか、「個人事業主として
会社に登録してほしい」なんて言ってくるような処が実に多く、
その原因となっているのが他ならぬ、社会保険の会社負担なのだ。
とくにIT関連の企業は、今やアウトソーシング会社に
変わり果てており、昔のように内勤でコーディングを
するようなことは無くなりつつある。

まぁ、派遣社員にしろ、個人事業主にしろ、会社側の
一方的なメリットだけで、私としては、逆にデメリットしか
思い浮かばないといった理由から、内定をいただいても
断り続けていたのだが、この不況下、生活費確保の為に、
しぶしぶ呑まざるを得ない失業者も結構多いのだろう。
私は、そんなことをやるくらいなら、自分で仕事を
取ってきてでもピンハネ無しの身入りの方を選ぶ。
そのほうが理不尽の極みともいえる、派遣イエスマンに
徹しなくてもすむから、まだましなのである。

その話はおいといて。私が年金と健康保険が潰れそうだと
強く感じているのは、その主要な財源である社会保険の
会社負担を支払わなくなってきた中小企業が、日増しに
増え続けている現実からそう言えるのである。

「そういえば、国や企業が生活の安定を保証してくれてた
時期もあったっけなぁ~」なんて思い出話にできる日も
そう遠くはない。
つまり、国民生活が豊かになる事と、国や企業が豊かになる
事は、まったく別物であって、相反することなのだ。

「ゼニ儲け」だけしか考えていない輩達の餌食になるのは、
なにも内職商法にひっかかった人だけではない!
想像以上に大勢の人間がその餌食になっているのだ。
「滅私奉公」・・・これが情報操作だと気がつくまでに、
私は相当な時間を費やしてしまった。
すべては、ゼニ儲けだけを企んでいる連中のために・・・。

まぁ、とにかく何かにつけ、今後ますます「社会保障」は
消滅するから、「自己責任」で生きていかなければ
どうしようもないではないか。・・・だから、
返答ひとつにしたって、今までのように即答は避け、
自分にとって「有利か、不利か」をよく考えた上で、
返事をしよう。
今までのように、「決断がはやい」ことは、もはや
人物評価の対象ではない。むしろ、処理は多少遅くても、
社内での評価より、自分自身のメリットにウェイトを
おく必要がある。・・・そういう社会になってきている。

・・・でも、まぁ、だいじょうぶだよ。
「他からの評価を気にせず、常に自分の頭で損得を考えろ」
↑このキーワードさえ守っていれば、今後どんなに
厳しい社会になろうとも生き残れるから・・・。
これは、もぅ保障するよ。
さぁ、今からでも遅くはない。犬からの脱却をはかろう!



ここをポチっと♪


[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-25 17:08 | 生きるヒントか?
【その25】既得の権威ってどうよ?
かつて、「ニッポンのジョーシキ」ってフレーズが
ものすごい権威を持っていた時期があったよね(汗
人々は、少しでも常識から逸脱するまいと、ピリピリと
神経をとがらせていた(汗

・・・まぁ、それはともかく、
インフレ経済時の常識は、デフレ経済時の常識ではない。
・・・こんな事、言うまでもなく、わかりきっているだろうが、
これを知らない人って、けっこう多いんだよね(汗。

・・・たとえば、こうだ。
「損して得を取れ」なんて、その最も顕著な例だが、
インフレ時であれば、デメリットの後でメリットが
転がり込んでくるような事があったかも知れない。
・・・しかし、だ。
今、それをやれば、損をした後には、さらなる損が
上積みされて、危険極まりない事態になりかねない(汗
今日この頃では、あんたが発した「損」は、ブラックホールに
飲み込まれるように、ズーズーしさの闇に消えていくだけ(汗
さらに、あんたを損させてやろう・・・なんて企んでいる連中は
それこそ星の数ほど存在するぞ。

いったい、「損して得を取れ」なんてほざいている奴に
限って、何で人の利益を奪おうとするのかねぇ???

人々が感謝の心を忘れて、皆が皆、自分だけ
生き延びる事に必死の状態で、心の余裕すらなく・・・・・
・・・それが今の現実の社会。
・・・つまり、他人から親切を施されても、「当然」もしくは
「ラッキー」だと思う人はいたとしても、感謝の意を返す人が
皆目いなくなってしまってしまい、今や「遠慮は御法度」
の時代になってしまったのだ(汗。

私が常日頃、「損切りをしろ」と、口を酸っぱくして何度も
言うのも、実はこういう理由からでして、良きにつけ
悪しきにつけ、時代が変わったんだから、我々はこの状態に
いちはやく順応しなければならない。

今までのように、損する事が当たり前・・・みたいな
発想ではダメで、「損失は永遠に利益を奪われる事である」
・・・だから、
これからは、「どんな事があっても、自分の損を拒否しよう」
というふうに考え方を改めた方がいいぞ!!!
何度も言うように、見返りは無くなってしまったんだから(汗

まだ、古き良き時代だったら、「たとえ損をしてでも、
人との交流の方が大切」・・・なんて言ってた時期もあったのだ。
それも、わりと最近まで。・・・・・でも、今は違うぞ!!!
みんな、自分を守る事に必死であり、「損をした
見返りに、友情が深まった」なんて綺麗事を言ってたんじゃ、
あまい、あまい・・・とてもじゃないけど生きてはいけない(汗
いくら君が損しても、人は簡単に君を裏切るかんね。

損は、あくまでも損であって、永久不変なのだ。
君がいくら期待を抱こうとも、残念ながら、これだけは
確実に真実で、もぅ絶対まちがいない。
バブル全盛期のように、損がまわりまわって得になる
・・・なんてことは、今は絶対にあり得なくなったのだ(汗。

たとえば、こうだ。君が、宝くじを3000円分買ったとしよう。
宝くじは買っても当たらないから、君は3000円まるまる
損しただけ・・・といった結果になる(汗
つまり君は、3000円分の損失に対する、見返りを
永久に受けられないのだ(汗

とくに今の世には、ズーズーしい人が多くなってきたため、
あるいはもっと悪質なのは、あんたを巧くまるめこんで
損させるような輩達さえもいるのだ(詐欺マガイ?)。
・・・だから、
損は、あくまでも損でしかないのだぞ。永久的に。

では、もっと、わかりやすい例を言おうか?
例えば、入社の時の面接にしてもそうだ。
・・・君が、
二次面接で、健康診断書をもってくるように言われて、
病院に行って自腹で健康診断をしてもらったとする。
それを会社に提出したところ、いともあっさり落とされて、
結局、君は、健康診断にかかった費用を全額自己負担
しなければ、会社はその経費を出してくれないわけだ。
・・・つまり、会社側が言うには、「それは泣け」・・・・・と(汗。
いずれにせよ君は、その会社に応募しなければ
健康診断など受けるつもりはなかったわけだ(汗。

また、「企業に忠誠心を持て」なんて、今言われた
としても、それはネタにさえならないほど、無意味な話だ。
・・・だって、企業経営者がコロコロと替わっていくような
御時世でっせ(汗。同僚や上司も、突然いなくなったり(汗。
・・・いったい、誰に対して忠誠心をもてばいいと言うのだ?
また、「自分の運命を託そう」なんてのも、今となっては
変な言い方だね。今時、誰を信じたらいいと言うのだ?

人によっては、「あまりにも非人道的だ」なんて、お嘆きの
向きもあろう。・・・が、しかし、だ。
これは、企業がギリギリの極限まで、コスト削減を
実行してきた結果なのだ。
企業が、今後も存続していくためには、やはり人件費は
大きな負担になってくる・・・・・ってこった。
「首のすげ替え」なんて、今時そう驚く事でもないぞ(汗

・・・と、まぁ、そういうことなのだ。
今、我々が生きている時代は、新・旧、相まみえる
時代の変わり目なんだよ、旦那。

今、ホリエさんが、M&Aで世間を騒がせているが、
ベンチャー企業の先進国、アメリカでは、
今更こんなこと、話題にも上らないほど日常茶飯だぞ。
M&Aは、旧来の日本企業経営者の皆様にとって、
かなり、精神的に抵抗があるんだろね。
・・だって、自分の会社が買われちゃうんだもんね(汗。
(とはいえ、利益状態をうるさく言われるだけで、
経営内容まで変えられる事は殆ど無いんだけどね。)

しかぁ~し!人も金もないベンチャー企業が、
会社を発展させようとするならば、投資に頼らざるを
得ないわけでして、より多く投資してもらおうとするならば、
より多くの利益を出している決算書を投資家に
示さなければならない。・・・んで、手っ取り早く
図体を大きく見せるために、企業を買収するのだが、
旧来の日本企業経営者の皆様にとって、これは
商道徳を逸脱する行為に見えるらしい・・・(汗。

決して、ホリエさんを擁護するわけじゃないし、
この人、どうしても好きになれないキャラだけど、
今、ホリエさんの企業買収行為が、世論から総スカンを
くらっているようだが、あと5~6年もすれば、
日本の社会も、M&Aが普通になってくるんじゃないか?
・・・だって、旧態依然の経営方法では、もう完全に
頭を打ってるでしょ?
ここまで、倒産企業が蔓延しているのに・・・(汗

「時代は確実に動いている」・・・・・
その証拠に、今となっては、リストラは普通になっているし、
年功序列制・終身雇用制を廃止する企業の方が
圧倒的に多いではないか!!!
15~6年前だったら、これは大変な事だったのだぞ!!

・・・・・結局、何が言いたいのかというと、
間違いなく、今は時代の転換期なのだ。
旧来の「ニッポンのジョーシキ」に何時までも
へばりついていては、これから先、生き残れないぞ・・・
と、声を大にして言いたいわけでして(汗。
(NHKは、さっさと民放化しろ!←関係ないけど)

権威猛追・・・なんてのも、もう完全に古いよね。
何故、日本は、世界で最もブランド商品が売れる国
なのか???
ブランドは日本人にとって一種「権威」であるからだ。
今までだったら、権威にすがりついてさえいれば、
何も考えずに安心して暮らしていく事ができたのだろう。
今はどうだ。・・・むしろ権威に逆らった方が、生き残る
のに有利になってきているではないか!・・・さらに、
権威自体の威厳が薄れ、権威が怪しげになってるぞ。

今の時代、権威は一度疑ってみる必要がある。
これほど酷いめに遭わされながら、なおも文句一つ言わず、
小泉政権に盲追していく、大多数の国民の心理が
どうしても私には理解できない。

一つだけ考えられることは、我々日本人は「泣き寝入り」の
民族である・・・ということ。

相手から不当な仕打ちをうけたとき、企業でさえも、
企業イメージが傷つく事を恐れ、へなへな腰になって
訴訟をひかえる。
つまり、何をされても黙って辛抱を続けることが
この国においては最高の美徳なのだ。

つまり、仮面舞踏会に出席した時のように、皆が皆、
自分を出さないように能面をかぶっており、
気味が悪いほどに、無表情でパーティを続けている
ようなもんだ(汗。
だから、みんな小泉さんについて行くように見えてしまうんだね。
(本当はそこまで考えていなかったりして)

まぁ、とにかく。時代は変わりつつあるんだ。
ここで我々は、古い常識を捨てていく必要がある。
新しい文化を迎え入れるために。
・・・なんて、俺がいくらここで叫んでみても、な~んにも
ならないやね(汗

■■■■■■■■ その、理由 ■■■■■■■■

↓以下参照

「凄まじいまでのノーテンキ」
欧米の知識人が日本人を批判するとき、よくこう言うらしい。
・・・・・凄まじいばかりのノーテンキ。
なんと、ノーテンキの最上級だ。

「水と安全はタダ」なんて神話の中で育ってきた国民だ。
そりゃぁ、外国の人の目には異様に映るのもわかる気がする。
しかし今は、水も安全も事実上タダではない。

そういば10年間も失業状態が続き、職を探す意欲も
失せてしまった猛者がいるそうな。
どうするつもりかを訊いてみたら、「なんとかなるだろう」と
返答されたらしい。
周りを見ると「なんとかなるだろう」を、合い言葉に
生きている輩はけっこういるなぁ~。
そういった輩にひとこと言いたい。「何ともなりません」
貯金が枯渇する日は必ず来るし、親が死ぬ日も必ず来る。
それどころか、自分が死ぬ日も必ず来るのだ。

こういった輩は、年金や健康保険がなくなってしまいそうな時でも
相変わらず「なんとかなるだろう」の感覚で何も対策を
しないんだろうな。
本当にうらやましいほど幸せな人たちだ。

1~2年前に出版された、
「○○の壁」といった本には「ホームレスが飢えてないから、
今は不況じゃない」などと、これまた凄まじいばかりの
ノーテンキな理屈が書いてあったそうだ。

このような本がベストセラーになる国だ。

↑・・・と、まぁ、ここまで世論が、現実の時代の流れと
ズレてしまっては、いたしかたがない(汗。
これはもう、放っておくしかないだろう。
俺は俺で、金のかからない夢を必死で見つけ出し、
その実現に向けて生きる事にするよ。



ここをポチっと♪


[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-19 08:37 | 生きるヒントか?
Here Comes The Sun
うっ!少し明かりが見えてきたぞ!!!

変化の予兆らしきものが、ぼちぼち出始めている。
闇が、あまりにも永かったものだから、
すっかり闇に慣れてしまい、もう少しで見逃すところだった。

お金も、ツキも、社会的信用も、何もかもなくしてしまう・・・
ってことは、つまりこういうことだ。

「これから、何もかもが手にはいる」

だってそうだろう?失う物はもう何も残ってないのだから・・・



ここをポチっと♪


[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-14 17:22 |
【その24】アメリカ式ってどうよ?
現政府の考えでは、日本から「ユーロ型資本主義」
(福祉・社会保障主体)を抹消し、「アメリカ型資本主義」
(自己責任と実力主義社会)へ導こうとしている。

もはやドイツを核とした、ヨーロッパに学ぶよりも、より、
アメリカ型社会に近づこう・・・・・なんて、ハッキリと
アメリカの方を選択してしまったのね。
てなわけで、健康保険とか、年金、介護保険なんかは
これからの日本にとっては、もう、どうでもよくなったのだ(汗

・・・が、しかし。困った事に今までの日本はアメリカのやり方を
そのまま導入して成功した、ためしがない。
つまり、「契約」の概念がないからね。日本は(汗

伝統的に、「①腹芸」と「②根回し」と「③黒幕」と「④袖の下」と
「⑤犬」の5大要素で成り立ってきた社会だもんね(汗。
今更、日本人に「契約」なんて綺麗事は無理っショ(汗

ベンチャー企業・・・なんてのも「契約」の概念がなければ
全く成り立たないかんね。

今まで私は、融資比率が高い企業を旧態企業。
投資比率が高い企業をベンチャー企業だと、
単純に思いこんでいた。だが、しかし
日本の現状を見ると、どうもその解釈は違うようだ。

日本では昔から、銀行から融資を受け資産を増やす・・・
と言う考え方があたりまえになっており、
なかなかそのやり方から抜けきれないので、エンジェルが
極めて出現しにくい社会になっている(汗。
・・・つまり、孫さんや、ホリエさんのような発想をする人が
いなかったわけでして、旧態依然として、コメツキバッタみたく
銀行に「つなぎ融資」のお願いの為、日参していたのだ。

ちなみに、私が日本人のエンジェル像をイメージすると、
・・・ですな。白髪の長髪でオールバック。羽織ハカマの
出で立ちに、鎖付き金時計を携帯、さっそうとリムジンから
降りてくる、怪しげな白髭ジジイを想像してしまうのだが、
やはり、日本人とエンジェル・・・・・どう考えても、不自然な
組み合わせで、全然似合わないかも(汗。

とにかく、日本の社会は、そのほとんどが同一民族であるが故の
一種「馴れ合い」により、社会全てが動いており、マニュアル・
契約・・・といった、舶来のシロ物は本来必要なかったのだ。

・・・さらに、
日本の社会で、何か契約を取り付ける時、いまだに「コネ」が
最強という事からも、契約の概念がアヤフヤであることが
よ~くわかる(汗。
・・・とにかく、「コネに勝るものはなし」で、これは水戸黄門の
印籠に勝るとも劣らないほど、効力を有する(汗。

・・とくに、なかでも「親の七光り」なんて、その
最たるものだろう。
日本に同族企業や2世議員が多いのも、某か社会の
封建性から、にじみ出てきてるんだろな。

・・・いずれにせよ、
2代目といわれる者には、無能な人間が多いわけでして、
これは、お金で買った大学院卒だとか、お金で買った
資格だとか、あるいは、親の口利きや親族ゆえの
優遇処置など、とにかくあまり苦労をしないで、
ポストを手に入れる事が出来るから。
(ちなみに、悲惨な医療ミスを犯している医者は、
ほとんど2代目なのでっすぅ)

小泉さんも同族議員なので、いくらサラリーマンを
兼務していた時期があったとはいえ、失業した者の痛みや、
リストラされた者の苦しみは、この人には死んでも
理解しようがない(汗。
とにかく、コネ社会の日本で、民主主義とか、実力主義とか
福祉とか、口先だけの言葉が出てきても、雲の上の住民が、
勝手にマスターベーションをしてているだけなのだ(汗。

また、自己を圧殺することが「和をもって尊し」とする知恵だと
思いこんでいる日本人はあまりにも多い。
本人としては、出来るかぎりにおいて、職場のトラブルを
避けようとしているつもりだが、その結果は、まったく逆に
作用する(汗。
・・・つまり、「和をもって尊し」とする人は、まぎれもなく
トラブルメーカーで、職場を乱す根本要因だったのだ。

・・・・・どうだろう?自己を主張しないがために、我が身を
ニッチもサッチもいかない状況に追い込んでいる人達・・・
・・・あまりにも多すぎないか?!なんと、驚くべき事に
彼らは、自らの人生の選択を卑屈未練としているのだ(汗

それは、周囲の人から ①足元を見られまくり ②何も
悪い事をしていないのに謝りまくり ③一方的に利用されまくり
④言いたい放題、言われまくり ⑤そのくせ、こちら側の要求は
却下されまくりetc・・・の極めてブザマな「犬人生」だった(驚。

ここで、犬の皆さんに一つだけお願いがある。
みじめで情けない「犬人生」も、あんたらが選んだ道だから
それはそれで仕様がないだろう。
しかし、公務員に接するときだけは、「俺達の税金で、
おまえたちを喰わせてやってるんだ」という誇りと自覚を
もって接してくれ。
・・・でないと、こいつら(公務員)、どこまでもつけあがってきて、
我々の税金をちょろまかして、高価な絵画の収集などを
やり始めるから・・・・・(汗

・・・それと、もう正真正銘完璧に犬に成り下がってしまった、
そこのあなた!!!
嫌なら「嫌」、辞めるなら「辞める」と、はっきり言った方がいいぞ。
その方が、相手に対する親切になると思うんだがなぁ。
むしろ、あんたがハッキリしないイエスマンであるがゆえに、
迷惑を被っている人が大勢いる事を知っておくべきだ!!!
「波風を立てまい」として、逆の事をやってんだよ!あんたは!

・・・たまには、
「喧嘩になってもいい」くらいの気持ちで、「俺には関係ねぇ!」 
の一言でも、吐いてみろよ!!!情けナカね~(ホント
あんたねぇ!まちがっても、減給を告げられて「はい、
わかりました」・・・なんて答えるなよ(汗。
相手の最終目的は、あんたをタダで使う事なんだから(汗。
・・・ったく、
「辞表を書け!」なんて脅されて、ご丁寧に辞表を書いている
バカがいる国なんて、日本くらいのものだろう(汗。

組織の圧力に簡単に屈し、経営者の威嚇に耐え忍ぶ
事しか芸がないのか???あんたの人生はよォ!
・・・って、人間、死んだら終わりなんスよ~(汗。
上司や経営者は、あんたの代わりに死んでもくれないし、
あんたの人生を、代わりにやってくれないぞ!しっかりしろよ。

・・・とは言ってみたものの、これは、経営者側にも責任がある。
ちゃんと契約書を取り交わしていないから、従業員を
契約で縛ることができずに、その代わりに威嚇することでしか、
従業員を縛る「手だて」が無くなってしまったためだ(汗。

日本では、契約書を交わさずに、何でも「口約束」だけで
すまそうとする。・・・それは何故か?
もちろん、「口約束」でも立派な契約なのだが、これは
相手に考えるスキを与えずに、うまく丸め込んでしまう、
巧みなテクニックだったのだ(汗。
ただし、後で「言った!」「言わない!」の揉め事になること、
おびただしい・・・なんて、欠点もある(汗。

↑と、まぁ、この低落ゆえ、日本でアメ流が根付かないのも、
何となくわかるでしょ?

アメリカ生まれのグローバル・スタンダードが、日本でなかなか
巧くいかないのも、こういった民族性の違いからきているのだろう。
・・・たまたま、
景気の勢いがいい頃だと、こういった基準を設けて一致団結
するやり方は、それなりに功を奏するが、不況のご時世で
それをやっても「百害あって一利なし」にしかならない。

ちと前に、巷ではロジカル・シンキングなるものが流行ったが
これと対極をなすものが、日本伝統のKKD(勘・経験・度胸)
になる(汗。
例えば、お互いの腹のさぐり合いなど、一種の腹芸で
現代日本社会は成り立っているのだ。

無計画なリストラ・・・なんかも、まさにそうだね(汗。
KKD経営のドンブリ勘定で、いままで会社を
きりもみしてきた結果が、無計画なリストラだったわけで、
最終最後は、その会社がコケて、ツケを支払わざるを
得なくなってしまった経営者って、今となってはザラにいるぞ。

きちんとした「契約」の概念を持たなかった民族の悲劇だね。
契約の概念が無い故に、経営者の言いなりになるだけの
「犬」が蔓延してしまい・・・(汗。
・・・そして、いつしか、「自己主張は悪だ」なんて、暗黙の
了解が出来てしまったのだ(汗。

貧・富の2層化もさることながら、今後の日本では
自己を出さず、ひたすら黙って堪え忍ぶ、
「国や企業と共に心中することをよし」とするタイプの人間と、
常に自己を主張出来るタイプの人間の2層化も
どんどん進んでくるんだろな。

自己を主張できるタイプの人間と、黙って我慢する人間に
関して言えば、次のようなデーターがある。
雪山で遭難した場合、人命救助された人達は、
一つの共通点があって、「はっきりとした自分の考えをもち、
それを主張できる人間」だそうだ。

まぁ、あまり関係ないかもしれんが、不況で生き残るタイプの
人間は、企業や集団の犬ではない事だけは確かだろう(汗
・・・さらに、だ。
喉元すぎれば何とやら・・・と、昔から言うようにいかなる災難に
遭遇しようとも、我々日本人は「慣れる」人達なのだ。

ただし、これには、ちょっとしたテクニックを要する。
例えば、リストラという、いかにも合理主義の響きがある言葉を
選択して、抵抗無く、人を解雇出来てしまったり・・・(汗。
※あくまでも、「リストラ=解雇」の意味ではない。
本来、リストラの方法のごく一部として解雇があったわけだ。

いつしか人々も、企業が簡単に人を解雇するのもやむを得ず・・・
の考えに慣れてしまった(汗。
しかし、本来の解雇とは、たしか、企業や社会に著しく不利益を
与えた人間に対して執行されていたものであり、まじめに働いて
利益をあげている人間には、適応されようはずは無かったのだ。
・・・で、今では多くの人達がリストラの意味を読み違え、
ひたすら強制解雇に耐えているのだ。
・・・とどのつまり、
日本人とは、幼い頃から「我慢は美徳」だと教えられてきたため、
理不尽さえも我慢してしまう、あまりにも「いたいけ」な民族
だった(悲。

また、年金問題にしたって、しかりである。
世間で「年金破綻」がワァーと叫ばれていた時にはみんな
騒ぎ立てるが、いつの間にか、皆引いてしまっている。
そのときだけ盛り上がっても、すぐに静まりかえってしまうわけだ。

現行の仕組みをそのままに、表面を手直ししただけの改正案を、
いつしか人々は、受け入れ始め、結果、年金制度の改悪に
成功した政府は、高笑いが絶えないだろう。
結局、年金制度を存続させるには、抜本的な大改革しか
道はなかったのだ。他に選択の余地など、もはや皆無だった。

では、何故、年金改悪がすんなりと実現出来てしまった
のだろう・・・?
今まで年金をピンハネして「保養施設」とかの「箱もの」を
作っては累積赤字を出し、ワンコイン程度で払い下げるような
ことをしても、許してもらえる寛容な国民に恵まれているからだ。
職員の激安社宅だって、一部マスコミが取り上げただけで
みんな見て見ぬふりをして、そのまま、うやむやにしてるだろう?

政府側としては、いつしか国民は慣れてしまうだろう・・・
なんて計算は絶対にはいっていたはずだ。

しかし、こっちがいくら腐りきった制度に我慢して
堪え忍んだとしても、世界トップレベルの高齢化社会に
なってしまっては、旧体制のままでは無理があるだろう。
ここまで高齢化が進むことは、以前から予測出来ていた
のだが、何の手も打たなかったような人達である。
これから先も、表面を手直しだけで、お茶を濁し続ける
に違いない。

政治家というものは自分達の既得権を守ることに
対しては相当必死だが、国民はどうなってもいいのだ。
つまり、選挙の票集めだけが命であり、全てなのだ。
年金問題に手を抜きたい気持ちもわからなくもない。

・・・では、そろそろ結論を出そう。
残念ながらアメリカ型資本主義は、民族性の違いにより、
日本では根付かないだろう。
日本は、日本型(馴れ合い)資本主義を模索していくしか
他に道がないのだ。
あぽ~~~~~~~~~~~ン!!!

最後に、小泉さん!!!
・・・もう、あんたには他の事は何も期待しないから、
郵政と、NHKの民営化・・・これだけを、さっさとやってくれ(汗。
あんたは、それだけやってくれればいいや(汗。
他の事は、どうせ出来ないだろうから(やらないだろうしね)。



ここをポチっと♪


[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-10 17:33 | 生きるヒントか?
桜は、まだかいな
・・・私こと、
まだまだ、春の訪れは長引きそうです。
・・・って、夜明けのない夜はないのであり、
春が来ない冬もあり得ない。
まさか、現状のまま・・・なんてことは絶対に
あり得ないだろうなんて思っています(汗
とにかく、動きを止めたら、そこでおしまいですね。
動いてさえいれば、何らかの変化はあるって。

人間、深ぁ~く、思い詰めることができさえすれば、
この世に不可能なことはない・・って気がつくんだけど、
その、深~く思い詰めるのが、結構、至難の業だったりして(汗

とにかく、ここから始めるべきだ。・・・ってのは、
自分の現状を直視して、「こんなこと、絶対ありえねぇ~!」
なんて疑問を持つこと。←これ、大事。
自分の現状に何の疑問も感じなければ、いつまでたっても
同じことだもんね。
または、「ウソでしょーーー!?」なんてのも、いいかも知んない。

・・・なんて言いながら、このブログも半ば放置状態(汗。
ブログを、いつまでも放置したままで、すいませんね~(汗
当ブログも、現状マニア専用みたいになってるけど、
桜の満開時期にあわせて、再開するつもりでおりますので、
まっててね。
[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-09 07:45 | 日記
【その23】今の時期、転職ってどうよ?
○姉妹って、本当に大金持ちだと思うか?
モデル・タレントの仕事ったって、たかが知れたものだぞ(汗。

・・・それは、いいとして、
金もないくせに、やたらと見栄をはりたがる紳士淑女は、
この不況の御時世であっても、結構多かったりしてな(汗。
とにかく、返済不能な借金まみれで、生活はドン底のくせに、
それでも、優雅に見せようと必死なんだな・・・この人達(汗。
・・・って、金がなければ優雅であるわけないじゃん(汗。

また、ホームレスと紙一重か???なんて薄給のくせに、
やたら偉そうに振る舞っているバカもいる(汗。
・・・って、金持ってなきゃ、誰も相手にするわけないじゃん(汗。

気をつけなよ。今の社会で、金を持ってるような素振りを
見せると、たちまち狙われるぞ(汗。
高価なコートを着て、ウロチョロしてると危ないよ(汗。
今は、スキミングってやつがあって、知らない間に預金残高が
ゼロになっても、日本の銀行は保証してくんないかんね(汗。
・・・あんた、ホリエモンを少しは見習いなさい(汗。

自分の身辺の急落が、余程、耐えられないんだろな(汗。
みんなみんな誰も彼もが、時代に空回りしてるだけの
ようにも見えるぞ!

人々が、物を買わなく(買えなく)なったってことは、
つまり仕事も無くなった・・・って、事でして・・・・・(汗。
こんな社会の中で、優雅な生活が出来ているのは、
先代・先々代が築いた財産を食い潰している連中だけ。
あんたが、いくら無理をしても、すぐにシッポが出るよ。

・・・そして、これこそが、デフレ社会になった証なんだよな。
バブルは、とっくに終わってしまったんだよ、旦那(汗。

・・・結局、
デフレ・スパイラルが日本の社会にもたらしたメリット(?)とは
企業が、サービス残業・減給・強制解雇・有給無し・
ボーナスカット・社会保険無しなどが気軽に実行できる
権利を手にした事・・・くらいか(汗

従業員も、ほかに働き口がなくなったため、企業側の
これら無理な要求を、嫌々呑まざるを得なくされてしまった(汗。
しかし、徐々にではあるが、それらブラック企業から逃げられる
手だては可能になりつつある。
いきなり、DQN監禁地獄からの脱出は不可能にしても、
少しずつでも自分の置かれている状況をマシな方向へ
移動させる方法は絶対にあるはずだ。

え?組合?・・・や、それは絶対違う(汗。

日本の労働組合は、組合費だけしっかり徴収する
わりには単なるアクセサリー的で、企業を前にして
ビビッてしまう、何ともだらしない存在なのだ。
(オシッコ漏らすなよ→組合)
よって、日本におけるサービス残業・強制解雇などの悪習は、
当面、なくなる事は絶対にないと思ってまちがいない。

最近、離職率が高い企業が増えてきた理由も、組合が
アテにならないから、各自が自分を守る術として、必死こいて
ブラック企業を辞める事しか、他に方法がなくなってきたため
だからだ(汗。

ひょっとして、今DQNに監禁されている、そこのあなた!
とにかく辞めなさい!!!早急に辞めなさい!!!
・・・ね、悪い事は言わないから、絶対に辞めなさいって。
余計な事は考えずに、今すぐ辞めなさい!!!
あんた、これ以上無駄なことをやっている暇はない
ハズだぞ!!!辞めなさい(汗。

ここにきて、労働者各自1人1人の自覚が必要と
なってくる。・・・・・つまり、自分自身を取り戻す機会が
訪れたのだ。

例えば、私がもし自営業をやっていたとする。
今、会社でサービス残業をやらされている時間と労力を
私の利益だけのためだけに投入することができたとしたら、
いったい幾ら位稼ぐ事が可能なのかを冷静に考えてみる。
そうすれば、自分が稼げるだけの金額と時間を、経営者に
奪われている事実と、会社から自分の人生を奪い取られて
いる事実が浮き彫りにされてくるのだ(汗。

・・・ま、いずれにせよ、だ。
離職率の高い企業は、これからもどんどん増えいく
傾向にある事は、誰がみても、もう間違いないだろう(汗。

過去に、過度な強制解雇を実行してきた企業は、
いきなり人手不足ぎみになり、ここに来て給与の
単価を上げ始めている。
・・・とはいえ、今まで牽引役だったデジタル家電業界も
今や、泣かず飛ばず・・・の状態になってしまったけどね(汗。

この先、まだまだ安心は出来ないが、お金が無くなって、
妥協して就職したためにやむを得ず、ブラック企業や
目くそ鼻くそ企業をつかんでしまった諸氏にとっては、
転職を考える絶好のチャンスが訪れつつあるのだろう。

働き口がまったく無い事が、深刻な問題だった
最悪の時期は解消しつつあるとはいえ、これだけ
増えてしまった、「低賃金・高離職率」企業や
「激務・薄給」企業が一気に減っていくとは考えられない(汗。
しかし、最近はそれら企業のブラック条件を避ける余裕が
徐々にではあるが出始めているのだ。

・・とは言うものの、小泉さんが国会で言っている
「失業率改善」を絶対に真にうけるんじゃないぞ!!!
この人が言っている事をアテにしていると、とんでもない
事態に陥れられる(汗
要は、小泉さんの目的は、これから大増税を
実行するための布石にすぎないのだから・・・(汗。

だいいち、今更、政治主導の「失業率改善」なんて
あり得ると思うか?
すっかり物が売れなくなって、中小零細企業群が
業務縮小、もしくは事業撤退をしている時期にだよ!!

政府は、就業の中身にまで目が行き届かないのだから、
永久的に問題解決は不可能だろう(汗。
血税で建てた豪華宿舎に住んでいる住民にとっては、
「失業率改善」なんて絶対無理だって(汗。
もはや、唯一企業努力だけでしか、打つ手は皆無と
なってしまったのだ。

・・・まぁ、決して事態は楽観視できないとは言え、
手取り18万円で過酷なトラックドライバーを
やらされている諸氏や、時給750円で「うんこまみれ」
の介護をやらされている諸氏は、今一度転職を
考えてみてはいかがだろうか?
トラックドライバーだったら、手取り35万以上は
欲しいところだし、「うんこまみれ」になることだけが
福祉や介護の道ではないはずだ(汗。

そろそろ、自分の人生を真剣に考え直すチャンスが
訪れているのかも知れない。

IT関連や介護関連の単価は一気に下がってしまった為
当面上がりそうもないが、生活保護を受けながら
やるほどの仕事でもない。
デフレ・スパイラル時の反省から、人材不足ぎみの職種に
行けば、少しは待遇を考慮してもらえるのではなかろうか?
・・・でないと、いつまでも手取り12万(介護福祉士)
では、生活が出来ないから誰も働きに来ないだろう(汗。

サビ残盛りだくさん & 有給無しのSEをしている
諸氏には、より健康的な職場に移る事を
早急に考えた方が得策だし、常にリストラの影で
脅しをかけられている諸氏は、人格障害ではない
経営者を捜すべきだ。・・・また、
給料不払いの経営者には、業務報告はする必要ない。

時給700円で、経営者のために人生を捧げる
愚かな行為は、もうこの辺で打ち止めにしておきたいものだ。
斜陽産業から脱出する事も考えておくべきだろう。

また、人身売買精神に満ちあふれた、人転がし業者の
片棒を担ぐのも、いつまでもやるものではない。
一方的に自分を不利な条件に追いやっているだけだから。

たった一度きりの人生だし、人は誰しも必ず死ぬ。

不幸にもDQN企業に長居していた為に、傷口が大きく
広がり、人生をメチャクチャにされてしまった、あなた!!!
今からでも遅くはない。ここで、はっきりと自分を主張し、
まずはキッパリと、今の職場を辞めなさい。←それが先決。
・・・そして、人生を全くの白紙に戻して、ゼロ(人によっては
マイナスかも)からコツコツと自分の為に自分の人生を
立て直すのだ!

今までは、それがまったくできなかった。
しかし、今から少しずつでも立て直していけば、
まだ間に合う。今年こそ、人生の転機じゃぁぁぁ~~~!
・・・ここはひとつ、
死んだつもりになって、画期的な人生をゲットしてくれ。

まぁ兎に角、とりあえずは確定申告に行きましょう♪

コラッ!税務署。やり方がきたねぇぞ!!!
あらかじめ、わざと多めにフンダクっておいて、
言ってくる奴だけ払いすぎを戻して、言わなきゃ
永久に踏み倒すなんて・・・(汗。

しかも、これから社会保障無しの大増税が始るとは・・・。
あ、あ、あ、ありえねェ~~~~~!!!



ここをポチっと♪


[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-04 07:52 | 生きるヒントか?
2005年・節分
寒いっすね~。
皆さん、生活習慣に気をつけて、この時期、毛細血管を
詰まらせないようにしましょう(汗。
どなた様も、花粉症なんかになるんじゃないぞ(鼻水。

毎年2月初旬は、一年で一番寒い時期ではあるのだが、
気のせいか、今年は特に寒く感じる(寒。
おそらく、昨年辺りから、環境破壊のツケがきてるんだろな(汗。

私は?と言えば、相も変わらぬ「貧乏暇無し」(汗。
とても、ブログの更新どころじゃない日々を送っております。

さて、節分と言えば、旧暦の正月。
東洋占星術では、運命の変わり目を意味するそうだ。
一生に一回くらいは、死ぬほど超多忙な時期があっても
いいんじゃないか?

私がこの先、どうなるかって???
・・・そのことだが、ここまで必死こいて努力を続けてるんだから、
何らかの変化はあるでしょう。(それが吉と出るか、凶と出るか
は別にして・・・あるいは、無駄な努力だったりして)
でもね。私も「どん底」を味わった人間。もう、何があっても
全然怖くないかんね。(一種、悟りの境地に近いかも)
一端、死んだつもりで人生を諦めた人間ってのは、
何事も躊躇無くできるんだよ。例え、どんなことでもね。

まぁ、とりあえずは、贅沢はしないから、財布の小銭を
数えなくてもいい生活を手に入れたいね(汗。
ンでもって、最終的には、自分の欲しい物が欲しい時
手に入る状態にもっていく。
とにかく、今年うちには何らかの結果を出すつもりでいるぞ。

このブログも、季節が暖かくなってからボツボツと他のカテゴリー
の更新を始めようと思う。

それまでの「つなぎ」と言っては何だが、私が旧ブログで
書いた、面接に関する記事が出てきたので、
参考までに、以下に載せておきます。もし、よければ。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私が、せっせと職安通いをしてた頃の話。

そのころの職安のロビーには、「雇用差別をなくそう!」とか、
「最低賃金基準を守ろう!」なんてキャッチフレーズの
ポスターが貼ってあったっけ・・・・・。思い出すなぁ・・・。

新規求人は瞬く間に売れてしまい、売れ残ったのは
回転寿司のベルト・コンベアをいつまでも回り続ける、
ひからびた「出涸らし求人」だけ・・・・・(汗。
その大半(およそ8割がた)の企業が、人材不足で困っている
・・・といった切羽詰まった求人ではなく、バーゲンで
掘り出し物を探しているかのような、単に伏線を張っている行為に
すぎなかった(汗。
企業側にしてみれば職安の求人票など、無料で手に入る宝くじ
に等しい。
つまり、若くて忠実で、優秀な人材が最安値の賃金で
手に入ればそれこそ「大当たり」というわけだ。

真剣に職を探している失業者は、片っ端から、こういった企業風習の
犠牲になってきた。・・・そしてその数ははかりしれない・・・・・(汗。

ここで、少し冷静になって考えてみる必要がある。
求人側としてみれば、面接のロスタイム以外、何の損失も
発生しないのだが、求職側は違う!
「写真代と、時間と、交通費をかえせ!」だけではすまないのだ(汗。

そう、履歴書という形で大切な個人情報が流出しているではないか。
「俺の履歴情報などタダでくれてやる!」などとお考えの向きも
多いことかと思うので、ここでひとことだけ言っておく。
内容はともあれ、あなたの履歴書は売ってお金に替えることが
充分に可能なのだ。(もちろん本人自身も利益を得ることは可能)
いかがだろう。少しは履歴書に対する見方が変わってきただろうか?

実際に、不採用の場合でも応募書類を返却しない企業は
ゴマンとあるのだが、これはまぎれもなく罪なのだ(汗。
みなさんは、何が目的で不採用の履歴書を企業内に
留めておくのか?を、お考えになったことはないだろうか?

あるスジによると、企業は片っ端から不採用にして収集した
履歴書を、人材派遣会社に売りさばいているといった噂を
耳にしたことがあるが、真否のほどは定かではない。
しかし、充分にあり得る話ではある。
私は、自分の応募書類には必ず以下の2点の注意書きを
明記していた。
 
 ※万一不採用の場合、応募書類は必ずご返却下さい。
 ※応募書類の内容を無許可でコピーまたは、他に流用
  することは、いかなる場合でも堅くお断りします。

とにかく、一つだけ言えることは、こういったトラブルを事前に
避けるために、矢も矛もたまらず企業に応募するのではなく、
(気持ちはわかるが、あせっては足元をみられるだけだ)
あらかじめ電話にて、履歴の概略を相手に伝えること。
ちなみに、私がよく電話で言っていたのは、

「私が面接にお伺いしたとしても、話が食い違っていた場合、
お互い貴重な時間のロスになりますし、私側にしてみれば
交通費はじめ、様々な経費が無駄になってしまいます。
お互いのデメリットを避けるためにも、今ここで概略だけで
も説明させて下さい。」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



ここをポチっと♪


[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-04 07:43 | 日記
【その22】今後の社会保障ってどうよ?
アンダーソン君、おかえり。
君の知らないうちに、日本はスッカリ大変な社会に
なってしまったぞ(汗。
デジカメ・携帯電話・スキャナーは、悪の手にわたり、
銀行の暗証番号でさえも、大っぴらにミエミエなのだ(汗。

連日のように誰かが殺され、さらに仕事は減少を続け、
巷には大量の「偽札」が出回ったり、「振り込め詐欺」が
横行するのも、一種、時代の必然なんだろうな(汗

今後も生き続けるには、むしろ、刑務所に入ってた方が
余程楽だったりするのもよ~くわかる(汗。
ここまで完全にネジが狂いきってしまった、日本の社会。

その原因は・・・
①保険制度の改悪による、医療費の高騰。
②年金制度の改悪による、60歳過ぎの干からびた生活。
③結局、払い損の介護保険制度。
④近い将来は、ウルトラ増税のオンパレード。
⑤与野党の馴れ合いから、漫才化した国会。
⑥不払い続出による、NHK受信料高騰(予想)。
⑦物がまったく売れなきゃ、仕事もからっきしないデフレ景気。
⑧とどまるところを知らない、減給・リストラ・・・
・・・なのに過酷な長時間労働。これはいったい何故?

おぉぉぉぉ・・・!!!こ、これは悪夢じゃぁぁぁぁ~~!
エェかげんにしいぃや~~~(矢留蔵@ニセ関西人)

なぜだ?アンダーソン君。
なぜ、君はそうまでしても、この腐りきって泥沼化した
日本にしがみつく?
少々税金が高いことに目をつぶれば、
医療費・教育費などがいらない、ニュージーランドか、
長時間労働は絶対にあり得ない、ドイツあたりに
移住したほうが、生き残れる確率は高いかも知れんぞ。

まぁ、良かたい良かたい(´∀`)m ・・・・・それにしても、
何故、現政府は年金問題を無視して、郵政民営化だけ、
ヒートアップしてるんだろね?

社会保険から続々脱退する企業には、見て見ぬふりをして
黙認しているのに、我々一般国民が「年金脱退権」を
もてないのは、やはりこの国が民主国家ではない、
確たる証拠なんだろうな(汗。
・・・って、日本は官僚主義国家だもんね。無理もないか(汗

今の年金の仕組みは、まんまMLMである(汗。
よって、このまま給与から厚生年金を天引きされる事は
無理矢理ネットワカーに協力させられているみたいで(イヤ~ん!

私しゃ、もう年金は完全にアテにしない。今後、あのシステムの
恩恵をあやかれる人達は、行政と役人の連中しかいなくなる
だろうからな(汗。
つまり、議員年金だけが唯一、最後まで生き残るだろう。
・・・だから、
そのかわりに、一般国民にも「年金脱退権」を与えてくでぃ。

まぁ、こいつらシロアリに何を言っても無駄だろうけど・・・(汗。

現政府が口癖のように言っている、「自己責任」でやっていこうと
思っているのだが、どうも、そうはさせてもらえないらしい(汗。
ここはひとつ、自分なりの定義での「自己責任」でやってくしか
他に方法はなさそうだ(汗。
そうすれば、「責任者でてこ~い!」などと、もう叫ばなくてもすむ
だろうから(汗。

とは言っても、こいつら、税金(自分たちの食い扶持)だけは、
しっかりムシり取っていくんだろうけどね(イヤ~ん!

しかし、シロアリが言ってる「自己責任」ってホント、
都合がいいね(藁。
何も口先三寸は、シロアリ連中だけの専売特許ではない。
零細企業の経営者達も、みんなそうなんだよ、アンダーソン君。

自分の経営ミスにより、会社が傾きかけているのに、
まじめに働いてきた従業員の方をクビにするとは(イヤ~ん!
どうしてこう、「自己責任をもて!」なんて偉そうに言ってる
奴にかぎって、責任転換ばかりしてるんだろうね?(汗。

まぁ、結局すべての事象を「自己責任」というふうに
考えてしまうと、DQNに監禁されるのも、DQNを選んで
入社してしまった自分が悪いわけであるし、己の
DQNセンサーを磨かなかった怠慢が原因・・・
ということになってしまう(汗。

いずれにせよ、自分が過労死した場合、その時の経営者は
どういった気持ちなのだろう?・・・などと考えているうちに
とてもバカバカしくなって、そこで初めて自分の人生に対して
主体性をもつべきだ・・・なんて気づき始めるんだけどね(遅。

ここで誤解してもらっては困るのだが、これは独立自営を
しよう・・・なんて事とは全く違う。
自営業をやってる連中の中にも、経営指導を受けながら
誰かに仕事を与えてもらうことしか考えずに、
極めて自主性を欠いた連中は大勢いるのだ。
しかも今は、何をやっても物が売れないかんね(汗。

とにかく、勤め人・自営業を問わず、自分の人生には
自分が主役でなくてはならない。
自分が所属する団体や、会社経営者のために、
自分の人生を捧げようなどとは間違っても
考えてはいけない。誰も君を守ってくれやしないから。

そんなことをすれば、君が過労死で死ぬ瞬間は、
大いに後悔しながら死んでいくことになるんだよ、
アンダーソン君。
労災の時も、過労死の時も、みんな心のなかでは
君の事を笑ってるだろうよ。まぬけな奴だってね(汗
カッカッカッカッカ・・・。

・・・いいか、よく聞けよ。
いくら、会社や上司の命令であっても、自分が不利に
なるような命令なんて、絶対に聞く必要はねぇぞ!!!
堂々とバックレてやれ!そんなもの(藁

さて、アンダーソン君。
賢明な君のことだから、そろそろ感づいているようだが、
私が言いたいのは、実はこういう事だ。
「この先、お金を貯めようと思っても、絶対に
貯りっこないから、そのかわりに情報を貯めていこう。」
・・・というわけだ。わかるかね?
そう、情報は、いずれお金に変化する資産なのだ。

結論を言ってしまうと、社会保障とは幻覚のようなもので
自己責任だけが、唯一実在する実態ということになる。

では、「自己責任」って、何ぞや???
さすがアンダーソン君、どうやらその答えを見つけたようだね。
・・・そのとおり!
60歳以降の人生も楽に過ごせるように、今のうちに
60歳以降の生活に標準を合わせ、着実に準備を
しておくことなのだ!

・・・・・とはいえ、
頭で解っていても、今の君には実行は無理なようだが・・・・・。
カッカッカッカッカ・・・。

何だね?アンダーソン君、随分不審そうな顔つきだね(藁
・・・それでは、ひとつ質問をしよう。

君が幼い頃から頭にたたき込まれてきた、「我慢しろ!」とか、
「相手の気持ちを考えろ!」とか、「人に感謝しろ!」とか、
「もっと素直になれ!」などといった、外から与えられた妄想とは
まったく正反対の行動を、君が生まれてから一度でもいいから
実行してみた事があったのかね?あぁ~ん?
どうだね?疑う事すら出来なかったのじゃぁないのかね?

クックックックック・・・・・そうだ!そこなのだ。
君が永久的に、今の過酷で最低な派遣・パート人生から
抜けられない本当の理由は!!!

では、アンダーソン君。さらばじゃ~!カッカッカッカッカ・・・。
カッカッカッカッカッカッカッカッカアァァァァァァァァ~~~。



ここをポチっと♪


[PR]
by yaruzou625 | 2005-02-02 19:55 | 生きるヒントか?