目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
【劣等・逝って・ビリ】
「北京の女子大生、恋人にするなら「ダル様」」話題!‐話のタネニュース:イザ!

今度は「ダル様」なのか!!!色々と考えてくるもんだな(w

マスコミだけが煽りまくっている感のある、北京オリンピック。
オリンピック以外のテレビ番組を観たかった人も、多いハズ。

今回のオリンピックは、オリンピック特需の「うま味」も
あまり無かったようで・・・・。
オリンピックが終わった瞬間に、エキストラの雇われ観客も、
工事中の張りボテのビルも、足跡花火のCGも、みんな虚構と
幻覚が一瞬にして消え去ってしまうんだろうな。

そーゆー意味で、野口 みずきさんは現実主義者なのだろう。
メダルを獲るよりも、出場できるオリンピックをバックレる方が
よほど勇気がいるはずなので・・・。
まぁ、コーチに潰されただとか何だとかマスコミは騒いでいるけど、
ゼンゼン気にすることはないと思う。

いくらオリンピックで人々が一瞬浮かれていても、オリンピックは
必ず終わりがあるし、終わった後はサブプライムローンのあと始末と、
原油価格高騰の現実が待っている。
どれだけお祭り騒ぎで現実を忘れようとしても、人間は、現実の
しがらみからは絶対に逃げられないものだからさぁ(w

かつてのバブル期を踊っていた中高年は、もう、どうでもいいとして、
今の20代30代の人達は、これから先、生きていても夢も希望もない
現実を受け入れる勇気を持とう!!!そこから全てが始まる(w
現実逃避は、いつまでも続かないぞ。逃避が終わったら、さらなる
ストレスがプレッシャーとして、君を襲うだろう。

さぁ!ありのままの現実を認め、それを受け入れるのだ(w
古い話になるけど、かつて、ビートルズという伝説的ロックバンドがいて、
「レット・イット・ビー」なる名曲を残して逝った。

『レット・イット・ビー』("Let It Be")。
「流れに身をまかせる」「なすがままに」というほどの意味だと
されているが、「神の意志を受け入れる」という宗教的解釈もある。
他にもラテン系の「ケ・セラ・セラ」の精神や、仏教の「一切空」の
精神にも通ずる一種啓蒙を含んだ言葉だ。
一見、普通の英語のようだけど、それこそ、この言葉には数十通りの
解釈が出来るほど、深い意味があった。

この曲は、ビートルズ解散劇のゴタゴタで、当時メンバーだった
ポール・マッカートニーが書いた曲なのだが、ビートルズが逝ってしまう
現実が、ポールにとっては余程、受け入れがたい精神的プッレッシャー
になっていたようだ。

日本の第二次世界大戦の敗戦も、当時の日本人(特に陸軍)に
とっては、同じように心裂けそうな受け入れがたい現実だったのだろう。
自己逃避以外の何ものでもない希望を与えられて、破滅の道を
たどるよりも、現実と向き合い、さまざまな困難を処理する努力こそが
本当の救いがあったりする。

「ホームレスだけは絶対になりたくない」と言っていたような輩が
派遣会社に登録をしたことがきっかけで、いつのまにやら
気がついたら、ネットカフェに住みついていた・・・なんてことも
最近ではよくある話。
例外的に自分の意志でホームレスになる者も、いるにはいるが、
ごくごく少数だ。

つまり、何が言いたいのかというと、従来の「ポジティブシンキング」
「プラス思考」ではもはや救われない時代に変わってきている
事実を強く主張したいのだ。
書店に並んでいる自己啓発書を読みあさり、ことごとく失敗している、
そこのあなたm9(`Д´)
理想と現実のギャップを埋めることが出来ず、ストレスで
頭の中がおかしくなりそうな、そこのあなたm9(`Д´)

すなおに潔く現実を認めて、この本を読みなさい↓
[PR]
by yaruzou625 | 2008-08-22 09:01 | ブックマークレット
<< 阿片戦争 本能寺の変なのか >>