目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
さぁ、ゲームの始まりです
「新庁、担当相…迷走する消費者行政、実効性は「?」」政治も‐政局ニュース:イザ!
企業と消費者の延々と続く、イタチごっこ。
このゲームで最初に引き金を引いたのは、もちろん企業側。
コスト削減の為なら手段を選ばない企業経営陣達は、
禁断の領域、・・・すなわち偽装にまで手を出し始めたのだ。

しかし、消費者側の反撃は必至だった。
・・・すなわち、クレーマーの増加である。
飲食店に入って、あやふやな注文をしておき、
出されたメニューを80%以上、食っておきながら「注文が違う」と、
店員を怒鳴りつけ、無銭飲食を成功させているアレだ(セコ

同じ手口で、一時期連発していたNHK職員の不祥事をネタにして、
受信料の支払いを拒否する、利害関係が全くない、
不祥事便乗組もいたが、これにはNHKサイドも反撃に出た。
・・・すなわち、「NHKが映るテレビがありながら、受信料を
払わないなら、法的手段に訴えるぞ」・・・と。

ここで「消費者庁」なるものが設立されれば、消費者側にとっては
追い風になるはずだ。
・・・すなわち、クレーマーの数は加速度的に増えていくだろう。

クレーマーの数が増えれば、当然、企業側も「クレーマー対策」
として、さらなる反撃に出るのは間違いない。
学校の先生なんかも「クレーマー対策」で、クレーマー保険を
かけ始めているし、スーパーなどに並んでいる食品も、
値段は据え置きながら、内容量を減少させている(これは
パッケージに小さい字で目立たないように内容量を
表記しているので、最後はクレーマーの負けになる)。

、これら一連の騒ぎはは終わりのないゲームなのだ。

携帯電話機の0円がなくなるのは、企業側に原因があるし、
銀行のATMで10万以上振り込めなくなったり、ペットボトルの
お茶をもって飛行機に搭乗できなくなったのは消費者側に
原因がある。・・・つまり、どっちもどっちなんだよ(w

双方、好きなように悪知恵を働かせて、せいぜい
わずかな利益を稼いでくれ。
俺は、こーゆーゲームは面倒くさくてヤだな。
つまり、多少の金額であれば損をしてでも、もっと
有意義なことに自分の時間とエネルギーを使いたい。

でも例外的に、医療関係のクレームだったら、俺は
クレーマーの皆さんを心底応援するぞ。
薬害やら、病院のたらい回しで殺されたらシャレになんない
ですもんね。・・・とても死にきれんわな(w
[PR]
by yaruzou625 | 2008-01-15 04:13 | ブックマークレット
<< 高税率・低福祉 残念なことに >>