目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
DQNは、日本に咲いたあだ花
<サービス残業>23日に電話相談開設 厚労省 | Excite エキサイト : ニュース

言われてから、後でまとめて支払うくらいなら
その都度ちゃんと支払えよ・・・って言いたいんだけど、
まぁ、日本企業に、サビ残の習慣はなくならないだろうな。

従業員全員に5時にタイムカードをうたせて、それ以降
タイムカードをうつのは禁止。かかってきた電話も、絶対に
出ちゃダメ(汗
窓はシャッターを下ろし、従業員が残っているのを外から
見られないようにする・・・とか・・・(汗。

それが守れないような従業員は、降格・減給などさまざまな
嫌がらせを受けたうえに、最後にはあっさりクビにされるわけだ。
あたかも、
アスファルトを破って出てきた大根を抜いてしまうかのように(汗

日本労働弁護団と過労死弁護団がいくら頑張ってみたところで、
結局、従業員は、クビにされるか、過労死・過労自殺の
二者択一以外に道はないんだよ(汗  世界一我慢強い
日本人は、訴訟事がきらいだかんね。

その企業の従業員への扱いを執拗にして、事細かに監視する、
ユニオンでもなけりゃ、屁のつっぱりにもならないだろう。
逆に、ユニオンは、訴訟好きだかんね。

Karousiや、Karouzisatuは日本の企業文化に咲いた、あだ花
であり、これがなくなる・・・なんてことは考えられない。
ましてや、小泉改革(悪)により、強きを助け弱気をたたく
風潮は、今後、ますます顕著になっていくのである(汗

俺的には、インフルエンザの蔓延よりも、過労死・過労自殺の
蔓延の方がよほど恐ろしいけどな。
連日、焦りと無能感で精神は病み、夜も眠れなくなり、
最後は、死ぬしかなくなるんだからね。

給料をもらって生活するにしても、あまりにも辛く苦しい
毎日だろうな。さらに、首の皮はちぎれかかっており・・(汗
解雇の宣告にビクつきながら、骨身を削ってるだけ。
・・・そして、ある日、
激務に耐えられなくなり、たまらず逃げ出す社員は、
次の職場でも同じ目に遭う・・・なぜなら、再就職先も
日本企業だから・・・(汗

そーゆー毎日に耐えながら、薄給ワールドから脱出できなくなり、
一生を終えるのだろう。年金も満足に受け取れずに。

いかがだろう。これが日本人の大半を占めるサラリーマンの
運命なのだ。
そして、一生は一度しかない。死んだら終わりだ。
いくら後悔したってやり直しはきかない。

・・・しかし、元派遣社員が、東京三菱銀の10億円着服
・・・ってぇえけど、着服できるような部署によく派遣社員を
使ったもんだなぁ。派遣社員は、金銭的に苦しい立場に
あるのに決まってるんだけどなぁ(汗。

(By:矢留蔵@ひさびさのDQNネタ、やってもた)
[PR]
by yaruzou625 | 2005-11-16 21:10 | ブックマークレット
<< 煙に巻くなよ LOVE YOU TO >>