目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
お腹いっぱい
軽商用初ハイブリッド車 ダイハツが9月発売 | Excite エキサイト : ニュース

あらららら。失業ネタをやると、途端にドン引きになりますなぁ∠'A`>
まぁ、それもある程度わかってたんだけどね(^ω^;)

最近いささか、お腹いっぱいの感はあるが、世間様では、
まだまだ郵政ネタと参議院選挙ネタ一色でもちきりですなぁ(汗

まぁ、俺的に結論を言うと、郵政法案は国会再提出されて、増税ラッシュは
避けられず、年金制度はあい変わらず・・・ってところで落としておきます(汗

結局のところ、小泉さんは小沢一郎氏よりも一枚上手だった・・・
ってオチなんだよね(汗
民主党の出方を見ながら、増税の事を言うタイミングを図るところなんか
まさに絶妙でありまして、これは見事と言うしかない。

もちろん、郵政民営化だけでは、国の借金を返済しきれないわけでして、
今後、更なる増税・福祉切り捨てが積み上げられていくものだと思われる(汗

・・・が、その反動で雇用情勢が悪化して、失業者が増えてしまっては
元も子もないし、子供の数が減ってしまっては、税を取れるところが
減少していくばかりなので、その辺りのところは政府も必死で
対策を考えてくれるだろう・・・・・ンなわきゃないよね(汗

・・・ンで、まぁ、そのことも大事なんだけど、ガソリン価格の高騰。

今は陰に隠れているけど、この問題をないがしろには出来ないだろう。
我々の生活に直結しているばかりか、インフレ移行の懸念さえあるのだ。

身近なところでは、旧来から散々言われていた「運送・物流関係への
転職はやめとけ」といった黄金律が、これでいっそう確実なものとなった(汗

そして、自動車メーカー各社は、低燃費な車の開発が急務となった。
世界最大手のGMは、トヨタの誘いを蹴って、クライスラーとの共同で
ハイブリッド車の開発を急いでいるし、2位のトヨタも、あと10車種
以上のハイブリッド化を急いでいる。

そしてハイブリッド化は、軽自動車の世界にも浸透し始めたのだ。
まぁ、軽自動車のハイブリッド化は、メリットが薄いとの意見が
多いのだが、ここへきてダイハツ工業が、官公庁向けに
軽商用車のワンボックスカーを発表した・・・が、これは
このワクだけに留まり、軽ワンボックス・ワゴンの「アトレー」まで
には広がらないだろう。

・・・というのも、軽のハイブリッドは、スズキがすでに先に
やっていて、すぐに撤回しているからだ。

どうも、ダイハツは、いつもスズキの2番煎じをやっているような
印象を受けるのは俺だけ?

古くは、アルトとミラ、ワゴンRとムーブの逸話から始まって、
最近では、直噴エンジンやハイブリッドなどのメカニズムの
分野が目立つ(汗

たしかにダイハツ・ミラVの直噴エンジンは、10.15モード30.5km/L
なんてとんでもない数字をはじき出した。
(これは、市販ガソリン単独エンジンで最高の数値である)
が、実用性を考えると、ワゴンR・RRの直噴ターボは、トルクも
優れ、居住性、使い勝手などトータルで優れている。

どうも、スズキとダイハツの関係を見ていると、今の自民党と民主党の
関係が連想されて、しょうがないんだけど・・・(汗

2番煎じは、たしかに楽だし、頭がいい方法である。
・・・が、しかし、本当に人々が感動するのは、それを初めて実行
している人の姿を見たときだ。小泉さんのように・・・。

(By:矢留蔵@9:11までは、引っ張るか?)

ここをポチッ ρ(。。)


[PR]
by yaruzou625 | 2005-08-31 23:03 | ブックマークレット
<< 日本ホーソー狂かい? 失業今昔物語 >>