目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
シロアリ帝国、崩壊の兆し
内田副総裁を逮捕=独禁法違反ほう助と背任 | Excite エキサイト : ニュース

風向きがまったく変わって、日本に気持ちのいい風が
吹き始めたみたいね♪

・・・しかしこれは、日本の歴史にとっては、かなり
画期的なことであるな。
従来、単なるアクセサリー、もしくは民主主義国家の
いいわけ材料に設置されているだけだった「独禁法」に
ここへきて初めて生命が吹き込まれたようだ。

いままで国庫を散々食い荒らしてきたシロアリどもの
温床である、道路公団。
さらには、封建的共産主義ともいえる、悪名高き談合制度(汗。

副総裁の逮捕によって、一気にそれが崩れ落ちることはないにしても、
「独禁法」が生命を得たことは嬉しい限りではないか♪
(※余談だが俺的には、ついでに「労基法」も、魂を得るように
祈願している)
これは、「法治国家日本」の幕開けと言えるかも!!!

・・・ンで、渦中の内田道雄副総裁。

当然、法に背くことは承知の上でやってたハズで、つい最近、
かつての総裁をあっさり葬り去った公団民営化推進委員会の
実行力に恐れおののいて、ウソに更なるウソを重ねたとて、
辻褄など合うわけはなく、早めに正直に吐いたところで、
公団崩壊の危惧はまぬがれなかった。

おそらく内田道雄氏。 夜も眠れず飯も喉に通らない
日々を送っていたに違いない。
今まで通り、談合に便宜をはかる行為が、今まで通りに
社会の慣習として通ってきた時代ではなくなってしまったのだ。

かつての社会的常識が、今や、背任ほう助として検察のメスが
入ることは、内田氏もうすうす分かっていただろう。
ゆえに逮捕までの日々は、内田氏の胸中、穏やかではなかったはず。

道路公団のみならず、大手ゼネコンも心するがいい。
もはや、「今まで皆がやってきたことだから・・・」なんて理由で
情けをかけられ、罪が許されるような日本ではないのだ。

「武士のなさけ」なんて言葉は、もう死んでるんだよ。

(By:矢留蔵@法に背いてる皆さん。この際スッキリしましょうよ)

ここをポチッ ρ(。。)


[PR]
by yaruzou625 | 2005-07-26 12:41 | ブックマークレット
<< 連日の訃報 お悔やみ申し上げます >>