目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
和をもって尊しとす
天下り「今すぐ対応せず」 経団連、条件など検討 | Excite エキサイト : ニュース

天下りと官製談合は、ワンセットでして、
国民の生活が比較的潤っていたバブル期であったなら、
ここまで問題が浮上しなかったろうが、今は違う(汗。

極力、税の無駄使いを見直していかないと、近い将来
日本が破滅するシナリオがグッと現実味をおびてきている
からだ(汗。

ンで、この「天下り」と「談合」であるが、本来の民主主義
国家ならば、このシステムが継続している限り、国民は
税を支払う義務がないほど、反民主的なシステムなのだ。

実はこれ、封建社会の慣習のなごりでして、サミット参加国
のなかで、未だこのような事をやってる国は日本だけだ。
それは、あのメンバーのなかに日本が先進国として
参加しているのが恥ずかしいくらいの後進性なのだ(汗

さらに言うと、選択の余地さえなく不当に高価な
ボッタクリ橋梁工事を発注してるのも、公務員の不当に高価な
ボッタクリ退職金を支払っているのも、この人達の豪華
終身生活保障をまかなっているのも、み~んな国民だったんだな
・・・実は(汗。

ここへきて、我々ひとりひとりが考えていかなきゃいけない事は、

①「和をもって尊しとする」精神は今の時代に合っているのか?

② 税金を支払っている以上、その使途に対して、国民が
  最後まで監視していかなければいけないのではなかろうか?

③ 団体の代表などに判断を丸投げするんじゃなくて、よその国
  のように、納税者が直接文句を言う雰囲気にもっていけない
  ものだろうか?

以上の3つが実現できなければ、俺は民主主義構築においては、
日本よりも、中国や韓国の方が先行して達成できると思う。

・・・というのは、「和をもって尊しとする」精神は、
今の中国や韓国にはなく、縦型の上下関係を作り出しているのも、
平等・公平な社会システム構築を妨げているのも、実は、
ほかならぬこの精神にあったのだ(汗。
言い換えれば「少数ジャイアンと、多数の犬社会」とでも
いうべきか(汗。

(By:矢留蔵@たまにはマジスレ)

ここをポチッ ρ(。。)


[PR]
by yaruzou625 | 2005-07-11 23:20 | ブックマークレット
<< よろしいかも ニッケル水素電池 >>