目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
DQNケアマネ
ケアマネの報酬引き上げ=厚労省、質の向上条件に | Excite エキサイト : ニュース

その前に何故、DQNケアマネージャーなるものが
世に現れたのかについて、説明しておかなければ
ならない。

DQNヘルパーステーション・DQN施設の
経営者たちは一律、「いかにして保険の不正請求で
設けてやろうか」
なんて、日夜頭を悩ましているわけだ(汗

・・・そこで、介護認定のサジ加減ができる、
ケア・マネが必要になってきた。
ンで、しきりにケア・マネを募集する企業が
増え始めたんだな(汗。

ところが、だ。
雇ったケア・マネは、当然、経営者の犬で
なければ意味がないわけでして、
DQN経営者の言いなりになるケア・マネは、
当然、公平な仕事をするわけはなく、
ひたすらDQN路線をひた走るのだ(汗。

経営者からは、「犬がいやなら、独立しろ!!!」との
威圧のもと、悲しいかな、介護支援専門員の報酬単価は
福祉系の他の資格所有者と、どんぐりの背比べ。
つまり、「低賃金労働」ってこった(汗。

そこで、しぶしぶDQN経営者の犬になるしか、
生きる術がなくなってしまったのだ(アリャ?

ようやく、厚労省もそのことに気がついたかして、
ケア・マネを経営者の犬から解放しようという
動きが出てきた。

・・・・・って、今頃、DQNケアマネージャーの
存在に気がついていては遅すぎるんだけどね。

いずれにせよ、DQN抜きの介護保険制度の
出現を願うばかりだ(汗。・・・無理か?

(By:矢留蔵@これは、うんこまみれではないぞ)

ここをポチッ ρ(。。)


[PR]
by yaruzou625 | 2005-06-07 17:03 | ブックマークレット
<< 野性の終焉 被害者?加害者? >>