目指せスローライフ!      生き抜こう変革の時代!       信じる者は捨てられる!
by yaruzou625
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
以前の記事
カテゴリ




【ヒマジン】
HIMAGINE

想像してごらん。
今はもう、中産階級ではなく、いつのまにか貧困層の仲間入りを果たしている自分の姿を。

想像してごらん。
日本は最早、先進国ではなく、破綻寸前の発展途上国である事実を。

想像してごらん。
いくら高度な技術力があったところで、
子供の数が激減し、自殺者が激増
しているような国に未来は無い事を。

想像してごらん。
「プラス思考」は、
他人のエゴが、君を操るために、君の判断力を鈍らせるマインド・コントロールだったことを。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
「家族のために」なんて、自分に言い聞かせて、激務・薄給会社でガンバっているつもりが、実は経営者を喜ばせる以外の何ものでもなかった結末を。

想像してごらん。
金持ちは、ますます金持ちになっているのに、君がいくら死にものぐるいで働いても、貧乏の悪循環から永久に抜け出す事が出来ない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
この世界は、わずか3%の金持ちに支配されていて、彼らは必ず金持ちの家系に生まれている事・・・そして君がいくら前向きの考え方をしようとも、君はいっこうに金持ちになれない・・という本当の真実を。

想像してごらん。
「いつかは独立するぞ」という夢をみつつ、独立準備に追われているうちに定年を迎え、さらに独立できずに一生を終わるおのれの未来の姿を。

君は、僕のことを妄想家だと思うだろうか?
実は妄想家は、他ならぬ君の方なんだよ。
想像してごらん。
簡単な事さ。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。

想像してごらん。
国民を見殺しにしてしまった事を猛省して、自衛隊までは見殺しに出来ない・・と思い、イラクから急遽、撤退させている総理大臣の姿を。

想像してごらん。
企業は、残業時間に対してきちんと賃金を支払ってくれるようになり、
君はサラ金を利用しなくなったため、自己破産をまぬがれた時の気持ちを。

想像してごらん。
病気になって長期休暇をとった後でも、ちゃんと君の机を残してくれていた経営者に、君が感動して涙を流している姿を。

想像してごらん。
毎日、満員電車にもまれ、憂鬱な気分で出社し、リストラ待ちの順番におびえながら、人格障害上司の相手をする・・・以外の人生を
発見した自分を。

さあ、他人のエゴの犠牲にされるだけのプラス思考は今日から、きれいさっぱり捨ててしまうんだ。
政府や企業に、騙されて逃げられる事がないように。

簡単なことさ。
みんなが想像するだけでいいんだ。
激務・薄給会社で君が身を削って一生を終えても、誰も喜ばない。そう、君自身さえもね。
君は孤独ではない。みんなが同じめに遭っている。
今こそ、全ての人の心を同じにするのだ。
それは、たやすい事。
全ての人々が現実に目覚めれば、この幻覚は、霧が晴れるように、この世から犬がいなくなる。


Please click here to reading this site and Slow life Blog in English.

English Here



ライフログ
括られた腹
<イラク邦人拘束>斎藤さんとほぼ断定 外務省幹部 | Excite エキサイト : ニュース

やはり、残念な結果に終わってしまったが、
にもかかわらず記者会見などで拝見する、
斎藤さんの弟さんは記者達に冷静な対応をしており、
どうしても、以前の邦人拉致事件の時の家族の
方達と比較してしまう。

以前の邦人拉致の件で、政府は、人質の家族の方に
危険地域へ入ることの認識の甘さを指摘し「自己責任」
を問うたわけだが、そのせいだけではないんだろうけど、
今回の斎藤さんの件といい、邦人フリージャーナリスト
襲撃事件の時といい、それ以前の邦人拉致事件の時から
一線を画してはっきりと家族の態度が一変している。

斎藤さんは、元フランス外人部隊に属する傭兵であり、
当然、それなりに腹を括っているハズだし、
車が襲撃された邦人フリージャーナリストも、
死ぬ覚悟で仕事をしていたという。

家族の人達も、本人の意志を充々尊重しており、
(お亡くなりになった事)は、本人の意志が完遂された
ことへのご理解が受け取れる。

一方的に、政府の対応だけを攻め続ける家族。
どこまで、危険認識ができていたか?を問われるのは
当然だろう。
まぁ、政府が「自己責任」というヤな言葉を
引っ張り出してきたのも、当然すぎるかも(汗。

・・・しかし、血を分けた兄の残虐な死を確認して、
なおも、本人の意志を尊重できる、弟さんの姿勢には、
本当の意味で「自己責任」を理解できた人に見える。

(By:矢留蔵@しかし、自己責任って重いなぁ)

ここをポチッ ρ(。。)


[PR]
by yaruzou625 | 2005-05-29 10:53 | ブックマークレット
<< 裏ビジネスなのか 神・物習合 >>